アルゴディア研究会

写真

理想郷の「アルカディア」と「歩ごでー」(庄内の方言で「一緒に歩こうよ」の造語です。)六十里越街道の保全活動と資源活用に平成14年から取り組んでいます。

六十里越街道とは
庄内地方と内陸を結ぶ「六十里越街道」は千二百年前の昔から開かれたと伝えられています。鶴岡から松根、十王峠、大網、塞ノ神峠、田麦俣を経て大岫峠を越えて志津、本道寺、寒河江を通り山形に至る険しい山岳道でした。山岳信仰が盛んだった室町・江戸時代には湯殿山を目指して、東北、関東の各地から訪れる人たちで大変にぎわったといいます。また、戦国時代には軍馬が足跡を刻み、藩政時代には参勤交代にも利用されたという記録が残されています。明治30年代になると新道が開通すると、表舞台から退きました。沿道には今も、時代の名残が苔むしてひっそりと眠っています。

 
ページの上に戻る