行沢とちの実会 (なめざわとちのみかい)

写真
写真
 

行沢地区には昔から、とちの木が植えられており、秋になると地区の人々が共同でとちの実を拾いに山へ入ります。
江戸時代から伝わる、とちの実の食文化を地元で再興し、昭和55年からとちもち加工所で"とちもち"を作り始めました。
人気商品はあんこ入りのとちもち。(丹念に作りあげた自慢の味で、とちの実の香りがたまらない伝統の味)
他に、真空パックされた「とちもち」「もち」や「水とりもち」も作っています。
産直あさひ・グーやかたくり温泉ぼんぼなどで販売しています(売り切れご免なさい)。

 
ページの上に戻る