写真
 

登山・トレッキング

六十里越街道トレッキング

六十里越街道とは

写真

庄内地方と内陸を結ぶ「六十里越街道」は千二百年前の昔から開かれたと伝えられています。鶴岡から松根、十王峠、大網、塞ノ神峠、田麦俣を経て大岫峠を越えて志津、本道寺、寒河江を通り山形に至る険しい山岳道でした。山岳信仰が盛んだった室町・江戸時代には湯殿山を目指して、東北、関東の各地から訪れる人たちで大変にぎわったといいます。また、戦国時代には軍馬が足跡を刻み、藩政時代には参勤交代にも利用されたという記録が残されています。明治30年代になると新道が開通すると、表舞台から退きました。沿道には今も、時代の名残が苔むしてひっそりと眠っています。

六十里越街道山船頭人(ガイド)と一緒に楽しく歩きませんか。季節の移り変わりがとても美しく、日常の疲れがスーと消えてしまうようです。

六十里越街道トレッキング案内
 
六十里越街道トレッキングおすすめコース
 

登山

朝日地域は月山や、湯殿山、そして朝日連峰に囲まれ、四季の移り変わりに富み、多くの登山家の方々が訪れています。
詳しくは、「登山情報」をご覧ください。

 

アウトドア(キャンプ・釣り等)

キャンプ

写真

満天の星空を眺めながら一夜を過ごし、朝は太陽とともに目覚め大自然の中で思いっきり遊んでください。
登山の拠点としてもご利用下さい。

 

つりぼり

 

収穫体験

 

手打ちそば体験教室

写真

真夏でも爽涼な里山の土地柄を活かして栽培された、希少な朝日産のそば粉を100%使用したそば処。
香りと風味の大梵字手打ちそばが堪能できます。〔要予約〕

 

体験施設

 

工芸品手づくり体験

イラスト
 
ページの上に戻る